かまくら屋

ダイマックスについて

pokemon_191016_04











↑キョダイマックスニャースのデザインすき


なんで初手ダイマックスが弱いみたいに言われてるのかを考えました
まあチラシの裏程度に見てください


例)初手ドリュウズvs相手ローブシン、こちらの裏はサザンドラと火ロトムのため引くに引けない状況
ドリュウズ
n534





この場合、初手でドリュウズがダイマックスを切ればダイスチル連打で押し勝て、体力を半分以上削られながらも見かけ上3vs2の状況を作ることができます。
そこで重いローブシンを倒せた!やったー!と思うのかどうか、という問題です。

ローブシンを倒したらスカーフっぽいウオノラゴンが出てきたとします。
n882


\上からエラがみ!w


ここで安全な引き先を用意できるならいいのですが、そうもいかず、ドリュウズを捨てることにしました。

この場合見かけ上は2vs2となりますが、相手はダイマックスを残しているので実質2vs3の状況となっています。こうなればほぼ負けでしょう。

つまり結果論ではありますが、この例ではドリュウズを地震とか適当に撃って捨てて裏で対処した方がまだ希望があったことになります。


単純にHP量と火力で考えるとダイマックスしたポケモンは2体分かそれ以上の強さをもっているので、剣盾環境は3vs3ではなく4vs4と考えた方がよいのかもしれません。

つまり、ダイマックスポケモンは2体分倒すことを求められているわけです。
まあ1体倒す+裏から出てきたダイマックスのターンを枯らす、とかでも2体分倒したことになるわけですが。

先にダイマックスするのが不利なのは、ダイマックスポケモンで1体倒したところで裏のポケモンにやられてしまうと実質1-2交換となってしまうからです。

しかもダイウォールの存在のせいで、後からダイマックスした側は相手のダイマックスターンを枯らすのが容易となっています。
先にダイマックスした側はダイマックスがない状態で相手のダイマックスを凌がなくてはならないわけです。

ただ先にダイマックスするのが不利とは限りません。
それはダイジェットとかいう反則技の存在です。

ダイジェットでSを上げたうえでダイスチルとかで耐久を上げてしまえば、相手の裏のポケモンがダイマックスしようが対処出来ないような状況を作ることが出来ます。

まとめると、
①基本的に先にダイマックスを切るのは不利
②ただし、積み技やダイジェット等を駆使して2体分以上ダイマックスポケモンで持っていけるならば逆に有利

って感じでしょうか。まあ基本的に、明らか刺さってるポケモンとかバンギラストゲキッスみたいに無理やり2-2交換以上まで持っていけるようなポケモン以外で先にダイマックスするのは良くないと思います。

そう考えるとダイマックスポケモンに空を飛ぶとか穴を掘るを入れるのは強い気がします。ダイマックスした後の相手の切り返しを上手くいなせるようになるわけですので。

後は早いポケモンとか悪戯心で身代わりをするのも強そう。ダイマックスターンを枯らすだけで実質1体倒したみたいなものなので、3ターン身代わりして電磁波入れて機能停止させれば、そこで倒されたとしてもほぼ1-2交換です。オーロンゲとかがやってきてめちゃしんどいやつ。

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Author:高利
【Twitter】
【最新コメント】
【アクセス数】
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【ブログ内検索】
かまくら屋